ネイルで深爪を改善?長さだしの種類と方法☆

aimaru

深爪は恥ずかしい・・・ネイルでどうにかならないの?😱

こんな悩みを持った方がいると思います。

また、長さ出しの種類を知りたい方もいると思います😳

わたしも最初、『ネイルって長さ出しできるの?!』って感じで、一生懸命調べたことがあります。

実際に長さ出しをしたこともあるので、紹介していきたいと思います

また、深爪をお悩みの方に

どうしても深爪が治らない。ネイルの長さだしでどうにかしたいけどわからない。

という、今回はこの悩みなどを改善したいと思います

もし、“ネイルができない“という方は、別記事の深爪を治す方法にいくつか紹介しておりますので、そちらをご覧ください☆

スポンサーリンク



ネイルの長さだしとは?

ネイルにはたくさんの種類がありますよね。その中でも『長さ出し』を聞いたことはありませんか?

長さが欲しいときや、イベントのとき、夏休み中など派手な長いネイルをしたいときなどにするものです

ネイルの長さ出しには大きく分けて2種類あります!😳

スカルプで長さ出し

スカルプとは、“スカルプチュア“といった“アクリル樹脂“を使って長さだしをする方法です!

自分の好きな長さにすることができることが特徴です☆

<メリット>
♡自分の好きな長さにできる
♡デザインが豊富
♡持ちが良い(約1カ月ほど)
♡強度もよく、自爪のような感覚

 

<デメリット>
♡料金がチップで長さ出しと比べ少し高い
♡取れかけのとき痛い
♡急に長くしたりすると慣れるまでに少し時間がかかる
♡自分でオフするのが難しい
♡最悪の場合、自爪が折れたりすることがある

などがあげられます!成人式ネイルなどは、スカルプで長~く、長さ出しする方が多いようです

スカルプは自爪の根元付近からつけるため、自分ではオフが難しいです。

そのため、自信がない方はオフをしにお店に行かなければなりません。

自分で無理やりはがすと、流血したり自爪が弱くなったり折れたりはがれたりしてしまうことがあるので要注意です!💦

チップで長さ出し

チップで長さ出しは、基本的にそんなに長く長さ出しをしなくてもいいという方におすすめです♡

チップといってもネイルチップではなく、長さ出し専用のチップで行います。

また、スカルプに比べ持ちと強度は弱いですが、そこまで大きな差はありません!

きもちてきにスカルプのほうが強いです♪

しかし、ちょっとした衝撃ではがれやすくなる時があります。

<メリット>
♡デザインが豊富
♡スカルプに比べ料金は安い
♡基本的に扱いやすい(オフなど)

 

<デメリット>
♡スカルプに比べ持ち・強度は若干弱い
♡長さに限度がある
♡扱い方次第ではがれやすくなる

結局、スカルプとチップ、何が違うのかというと『長さ出しが可能な長さ』です!言葉がおかしいですが、スカルプのほうがチップよりも長く出せるということです!

この2つの長さ出しを使って、深爪を治す方法があります!☆

長さ出しで深爪を改善する方法

多少料金はかかりますが、深爪が治るなら・・・と思えばそこまで深く思わないと思います♪

まずわたしは、深爪というよりか爪が弱く、折れやすいタイプの爪でした。😂

ネイルをしたいけど長さ出しの繰り返しで『お金が・・・』となる状態が続いていました。

実際、思っているよりお高いです😅約9000円かかったことがあります。デザインによりますが・・・😱

お店によると思いますが、お値段はデザインなどでそれぞれです😳

長期休みの時はスカルプ、短期休みの時はチップというようにしていました。

“自爪でネイルをしてみたい!“と思う日々が続いており、“自爪を伸ばすことができたら長さ出しにかけていたお金を別のものに使える!“と考えたときそこで気づいたのは『ネイルを取った後のケア』で変わるということです!😳

長さ出しをしてネイルをした爪で、オフをした際に、ネイルをする前よりも自爪は伸びていると思います。

できるならばその状態を続けたいですよね。でも、また深爪になっていく。

その時に必要なのが、『自爪強化ジェルコート』というものです!

普通のジェルコートではなく、割れにくくするものです。

深爪の方の多くはどうしても『爪を噛む癖』があると思います。

自爪強化トップコートを塗布した爪はきれいに保たれるため、爪を噛むこともなくなると思います♪

それを続けることによって、深爪を改善することができました!

♡スカルプorチップで長さ出し

♡伸びた爪に強化ジェルコート

そして爪が伸びてきたら切って整え、また強化ジェルコートを塗る。

ほとんどジェルコートを塗った状態にしていました!

わたしは、“ネイルをした爪の根元の部分が先端に来るまで“を目安にこれを続けました😳

しかし注意点があります。💦

スカルプまたはチップで長さ出しネイルをしているとき、自分ではがしたりオフしたりしてしまうものです。

しかし、無理やりはがしたりオフしたりしてしまうと自爪が痛んだり、さらに薄くなったり、最悪の場合伸ばした部分が割れたりはがれたりする場合があります!!!

せっかく深爪改善しようとしたのにもったいないですよね・・・😱

どちらかと言えばスカルプのほうがその可能性が高いです。

もうはがれそうだな』と思ったときには、お店でオフしてもらいましょう♪

まとめ

♡長さ出しには2種類ある
♡無理やりはがすのは厳禁!
♡ネイルのオフはお店でしてもらう
♡オフしてもらった後は強化ジェルコートを塗る

 

わたしはこの方法で深爪を改善させました☆ですが、今もきちんとケアを行っています。

しかし、“ネイルをできない“という方がいらっしゃると思います。😖

その方には、別記事の深爪を治す方法にいくつか紹介しておりますので、そちらをご覧になってくださるとうれしいです❤





現役大学生のわたしにとっての“美“とは


1年前から自分にとっての“美“を追い求め、8か月で10kg減に成功。それから現在も、美容・ダイエットには懲りず皆さまに最新の情報を伝えていきたいとおもっております♡